八武組 設計ブログ

ハッタケグミ:三重県四日市市の建設会社 設計メモです

40年前の保養施設

1981年竣工の青少年研修施設、名栗げんきプラザ。設計は坂倉建築研究所です。名栗村の青少年山間研修の施設でプラネタリウムのある建物とその周辺にキャンプサイトがあります。

f:id:hatt88:20200829095122j:plain

このころ各地の自治体の依頼で林間学校といわれる施設を数か所作っていました。地形といったになった建物が多く、ここは斜面に建物が刺さったような計画で各階、山に接地しています。

峠近くのかなり深い山の中に立地していて、コンクリート造3階だと違和感ありそうですが、斜面につながる形態、周辺の木々が建物を上回る高さになっていることと、コンクリート造ですが手摺や軒裏など木が使われているので、質感もあり、自然を感じる建物となっています。多くの施設はコンクリートと鉄・ステンレスの使用と思いますが、木を使っているのは、細部にこだわる坂倉事務所らしいところと思います。

中庭の木々も大きくなって、より自然な佇まい、雰囲気が良いです。以前来たときは山の中のプラネタリウムに違和感があったのですが、昼間にプラネタリウムで星空の予習をして、夜キャンプで星を眺めるのは、なかなか有意義です。

f:id:hatt88:20200829101632j:plain

f:id:hatt88:20200829094837j:plain

駐車場からアプローチ。円形につくった調整池が車寄せにもなっています。地山の形状をうまくつかって印象的な玄関を作っています。地形をデザインしている感じです。

石垣をくぐってアプローチ、この石垣のなかにトイレも組み込まれています。

f:id:hatt88:20200829100930j:plain

f:id:hatt88:20200829095257j:plain

f:id:hatt88:20200829095224j:plain

f:id:hatt88:20200829095353j:plain

中庭内の木、ずいぶん大きくなってます。

f:id:hatt88:20200829095412j:plain

中庭からエントランスを見返す。木のデザインとしています。

f:id:hatt88:20200829100131j:plain

コンクリート詳細もしっかり設計してます。勝手口。(開口のなかの室外機は元はなかったと思います)

f:id:hatt88:20200906214210j:plain

竣工当時の様子


 

 

武者小路実篤とピカソ

調布市武者小路実篤記念館の展示ケース修繕の現場立ち合いに行ってきました。

記念館創設の35年前から使い続けているガラスケースです。

f:id:hatt88:20200811105800j:plain

当時はガラスを金属に接着する技術が普及していなかったので、最小限の金具でガラスを留めています。この記念館だけのために設計されたケースでとてもシンプルなパーツで作られています。現場作業の丁寧さを頼りとした構成でパーツ取付の調整機構はついていません。その分スッキリした見た目です。今日の作業も作業者の微妙な調整が肝心な作業となりました。

f:id:hatt88:20200709153540j:plain

現在、記念館では「実篤、欧米へ行く」という企画展示を行っています。1936年に実篤先生がベルリンオリンピック観戦を兼ねてヨーロッパ・アメリカを訪れた記録の展示です。一生に1回の欧州旅行、船で7か月を掛けた世界一周する旅だったようです。当時の旅行の様子を知ることができます。

なかで一番の発見は、実篤先生はパリでピカソと会っており、エッチングの作品をピカソ本人からいただいていたことです。20号くらいの作品でピカソの自筆で「Mushanokoji...」と贈呈のサインが書かれている本物が見られます。ゲルニカの少し前の作品でゲルニカにあるモチーフが描かれています。当時の日本人作家がピカソから直に作品をもらっていたという資料として大変貴重なものとされているそうです。

8月末までの企画展です。機会があればぜひ。

祝 上棟

長年使ってきた既存家屋の増築計画ですが本日無事、上棟しました。

木造、本物の土壁で作っていた離れの巾をおよそ倍に増やす形の増築なので、半分屋根を撤去して、大きく掛け伸ばすことになります。耐震補強、断熱付加も行います。

屋根を軽くするよう金属葺きに変更します。瓦ぶきではなくなるので入母屋屋根は切妻屋根にしました。

f:id:hatt88:20200117174501j:plain


f:id:hatt88:20200805225647j:plain

古い家は梁は丸太を使っているので、今時の工場加工とは行かず、現場合わせとなります。ベテランの大工さんたちで要領良く組み上がりました。

f:id:hatt88:20200805225648j:plain

元の家の屋根裏のお札が残っていました。

既存部分の部屋は従来の通りの個室として、広げた部分に共用スペース、水回りを配置してます。母屋とは切り離して独立した家となります。

 

みえの気候風土適応住宅 勉強会

コロナ禍のこともあり、6か月ぶりの勉強会となりました。

今回も建築士会・設計事務所協会・日本建築家協会と三重県から2名ずつの参加です。

国交省の告示が公布され、土壁の真壁造りのもの、落とし込み板壁造りのものは、大半、外皮計算の緩和ができることとなってきました。気候風土適応住宅という名称で鵜ですが、伝統的構法を維持するための制度ということがはっきり見えてきています。告示では日本中のどの地域でも通用するような適応条件なので、勉強会の主な話題は、この告示が適応できない三重の伝統的な形式の住宅があるか、そういった住宅を適合とする条件をどのようなものにするかに絞られてきました。

メンバーから出された告示適応外の例は、土蔵のように土壁でも大壁造りになったものは計算が困難、昔ながらの開口の大きい住宅は開口での熱損失が大きくて外皮規制をクリアできない、街並みをつくるために一部を昔ながらの木製建具を使うとクリアできず伝統的な形態が不可となってしまうなどでした。

伝統的な構法・街並みつくりなどをどの程度重視するかで、各地域の適応住宅の許容範囲は変わってきます。今後勉強会では、三重の伝統的な住宅の形態の勉強や他県の状況を集めることとなっています。

 

梅雨明けの地鎮祭

本日8月1日。朝9時からの地鎮祭

遅くなっていた梅雨明けが発表されただけあって、夏らしい日差しで朝一の地鎮祭で良かったという気持ちでみなさん臨席。

南東斜面地という敷地条件がよいのか、高いほうからの風が通り、比較的涼しく感じられました。

昨日までの梅雨ムードを一新する晴れ渡ったスタートの日となりました。今回住宅は特異な要素は少ないですが、特別な家となるように、これから細まかな現場仕事です。

f:id:hatt88:20200801212209j:plain

 

小さな家 見学

井上洋介さん設計の住宅を見せていただきました。

夫婦2人のための18坪の小さな家でした。吹抜でつながった1ルームで1階、2階とも井高さを抑えて連続感があって狭さを感じない空間構成です。ローコストを目指した材料選定もざっくりした雰囲気でまとめられて、井上さんらしい素材感のあるいい家でした。

屋根の波板鋼板、外壁はモルタル、内壁も下地まで仕上げ(井上さん好みの材料使いですが)など、節約しつつも素材感がしっかり出ているのは、既成・新建材といわれるもので包まれたハウスメーカー住宅比べると、格段豊かな生活が送れそうです。

きちんと作るとコスト的に既成品仕様の住宅の38坪クラスと同じくらい掛かってしまうのが悩ましいところです。

f:id:hatt88:20200726140012j:plain

f:id:hatt88:20200726134114j:plain

f:id:hatt88:20200726133037j:plain

f:id:hatt88:20200726134241j:plain



 

15年前の建物

15年ほど前につくったレストランから、空調機の耐用年数切れで、設備更新の相談をいただきました。土地代高いところでスペースを効率化と空間の印象を重視して天井内空調機を隠ぺい配置しています。機械の交換となる大きく天井を剥がす必要があります。

それ以前は空調の中央一括方式で機器のためのスペースがありその部分のみの工事でしたが、配置の場合は居室の内装工事を伴ってしまします。以前は商業施設は短周期の改装があり、その際に交換していて機器のためだけに内装を壊すことが少なったと思います。お店を大切に使ってもらうと、機器の交換が先にやってきて心苦しいことになってしまいます。近年気温上昇が著しく当時の外気温設定より、想定温度が高く設定されます。今回機器の更新に合わせ、能力を増強とお店の営業形態により合うように再検討します。

時間が経過し、当初の想定通りの植栽の充実、時を経た材質感が出てきています。

古くなったものの趣が出るよう石材や鉄装飾、建具などをイタリアで作ってもらったものを使っています。その注文のために行ったイタリアの街では、昔から素材感のあるものを使い続けているので、今でも古くからの質のよいものが日常的な普通の仕事として、作られているように感じました。普通に使っているものなので、特別高価な値段にならないということがうらやましく思いました。

f:id:hatt88:20200701091114j:plain

f:id:hatt88:20200701091145j:plain

f:id:hatt88:20200701091602j:plain

 

www.hattake.co.jp