八武組 設計ブログ

ハッタケグミ:三重県四日市市の建設会社 設計メモです

屋根・外壁 メンテナンス

1972年竣工の鉄筋コンクリート造の住宅の屋根、外壁のメンテナンスを行いました。。 設計は吉村順三先生で、コンクリート造の住宅を造り始めた頃の作品です。 2009年に躯体だけ残して、全面的に改装させていただきました。家族構成と変化とEVの取付などに対…

京都 手作業

照明のシェードの製作依頼に京都祇園の照明屋さんへ。 和風のシェードをたくさん商品ラインナップで持っていて、特注も容易に受けていただけるようで、こちらの希望する細かな思いに応えてもらえます。 長年の経験から、こちらの意図、寸法のできるできない…

木場

木材商の集まる新木場へ、店舗で使う無垢材の確認に行ってきました。 たくさんの木の中で自分のイメージの木を探してもらうのはなかなか困難で、めぐりあわせを感じる作業です。 採用したのは、楠。この前の店舗と同じ樹種となりました。自分の好みに合って…

地鎮祭

本日は地鎮祭。雨を心配していましたが、直前に雨が止み陽がさし始めて、地鎮祭としては良い天候傾向です。 神主さまは諏訪神社さまで、地元を代表するところで、今回建物への気持ちが一層高まります。

南伊勢 

空家活用のお話を伺いに南伊勢町五ケ所浦に行ってきました。 ここに来るときは、いつも天気がよく、穏やかで住み心地がよさそうです。五ケ所といえば、美味しいミカンの産地として昔から有名ですが、そんなことも、この好印象につながっているように思います…

コンクリートの外壁

コンクリートの外壁は、素材感のある質感、シンプルな表情で多くの建築家に好まれた意匠です。1980年代に特に多かったように思えます。 30年以上経って、汚れや劣化の対応が求められるようになっています。竣工当時の状態に戻すのはできないので、何かしらの…

三重短大 授業協力2日目

三重短大 設計授業の協力2日目です。課題説明の日から2週間経って、学生さんたちはそれぞれの住宅案を作ってきました。 日本建築家協会6名で、分担して案へのアドバイスを行いました。案を見せてもらったすべてが間取りはできていて、昨年に比べると今後の完…

三重短大 授業協力1日目

今年も日本建築家協会の社会貢献事業のひとつとして、三重短大の設計授業の補助協力を行います。 11月23日が課題を出す第一回の授業。今回で4年目となりますが、担当教授の木下先生と相談して課題の出し方について、毎回修正を試みています。昨年の最終成果…

神戸にオープン

天一神戸。11月1日JR三ノ宮駅直結のミント神戸8階にオープンしました。今回も設計および工事監理の作業です。 店舗は1面が全面ガラスの開口です。明るい清廉さが天一さんのイメージなので、伝統的な数寄屋風の内装ではなく、モダン和風のすっきりした印象と…

羽島市庁舎 勉強会

ドコモモ主催の旧羽島市庁舎 勉強会に参加してきました。 旧羽島市長は私の前職の設計事務所にて設計した建物で、在職中の所長であった阪田所長が現場常駐されて、いろいろなお話を聞いているので、特に関心の高い建物です。これまでも2度見学に行っています…

小リニューアル

新宿伊勢丹の7階レストランフロアにある「天一新宿伊勢丹店」を小リニューアルが完了しました。 この店舗は25年ほど前にできた店で、これまでも天一さま社内で微改装をしてきています。今回は設備の更新に伴い、パントリー機能の改善と意匠的も新しい雰囲気…

8月の長雨

今日は桑名市内の住宅の建て方(上棟日)の予定したが、雨予想のため延期に。 日柄を尊重して、1本の柱だけを建てて、施主さま、大工さんと共にエアー上棟。 建物廻りにあたる足場だけが建っている状態があちこちにあるようです。 このところ雨続き。それも…

実篤記念館 アドバイザー訪問

武者小路実篤記念館のメンテナンス必要事項の確認に伺いました。 本館は30年以上、増築したほうも25年以上経っています。 屋根や外壁の補修が計画されています。建物は素材感を重視した意匠となっているので、その風合いを維持していく補修は難しいとこ…

大阪再訪

神戸での新規物件の現地確認に行った帰りに、昨年末に竣工した天一大阪に寄ってきました。 工事完了直後のオープンだったので、工事竣工写真もなかったので、手持ちで写真を撮って来ました。大阪駅の人通りは以前と変わらないほどになっていますが、レストラ…

竣工写真 東京・日比谷

先日オープンした天一さまの新店舗を写真家の山口伊生人さんに撮影していただきました。 店舗の広さや、実際の店舗の明るさ加減をうまく撮られています。 撮影に立ち会いましたが、より良いものにするため照明の調整などやりつつ、5時間以上掛かってしまいま…

大安 地鎮祭

本日大安吉日。弊社設計施工の住宅の地鎮祭です。心配していた雨も降らず、良い日となりました。 施主さまのご実家も至近、神主さんも施主さまのお知り合い、弊社で奉献したお酒も施主さまのご親戚の酒蔵(ご親戚とは知らずに、地元のお酒を選んだのですが)…

祝!オープン

これまでいくつも店舗設計させていただいているてんぷら料理店 天一さまの新規店舗がオープンしました。場所は東京日比谷の外資系ホテル ザ・ペニンシュラ東京 内です。 最高級グレードのホテルなので、店舗の内装も普段以上に上質を感じるものになるよう心…

石膏ボード 工場見学

地元の石膏ボードメーカーの工場見学に行ってきました。 石膏ボードの国内メーカーは2社のみで、その1つが四日市市内に本社があるのは、全く自分とは関係ないことですが、ちょっと誇らしい感じがあります。 工場の存在はずっと前から知っていますが、今回初…

サイン 完了

調布市武者小路記念館から依頼いただいて、デザイン検討したサインが取付られました。 記念館すぐ手前の交差点から迷わず、入口に誘導する目印となるのが最大の目標でした。 入口部分には当然建物名称を示すサインがついているので、今回改修したサインとダ…

三重短大 授業協力

昨年12月のエスキースチェックの結果、今回は成果品の講評会です。 コロナ禍のため、学生さんは2教室に分かれて、半分はリモート講評会となりました。 メイン教室も通常の半分で少し熱量の上がらない条件でした。 前回のエスキースチェック時は、例年以上の…

ファサードの改装

日頃、共働させていただいている電気工事会社の社屋、入口廻りの改装計画をさせていただきました。 入口扉を開けた時の北風の侵入を防ぐ機能と工事業のハードな印象を和らげて企業イメージを上げる効果を付加したいと思いました。 既存建物の前面に通常より…

半泥子 廣永窯

設計中の店舗に半泥子さんの陶板画を入れることが決まり、計画中の店舗の説明に窯に伺いました。 夕方の訪問となり、山の深い感じが強められてます。前回日本橋の店舗に入れていただいた6年前の訪問から2度目です。 創作には、この環境が良い感じです。

三重短大 授業協力

今年も三重短大の生活科学学科の設計授業、指導協力に行ってきました。 コロナ禍なので、通常の半分の人数ずつに教室を分け、個部指導もアクリル板で隔ててでした。若干声が聞こえにくいので、少し大きめに声を出すためか、いつも以上に目いっぱい話をした印…

木造上棟

教会の教職舎の上棟です。 畑の真ん中の敷地なので、風が心配でしたが、明け方までの強風がおさまって、上棟日和となりました。 既存建物と一体的に見えるよう、位置・形状・色合いを検討しました。 乞うご期待。

小鉄骨上棟

鉄骨仕事が続きます。 日頃、共働していただいている電気工事業の社屋の改装で、エントランス部分をグレードアップする計画です。 自立のスクリーンフレームの上棟(組み上げ?)です。目に近いところでシンプルな形状とするため、ボルト留めではなく、現場…

鉄骨上棟

小さな工場の鉄骨上棟です 小さな建物ですが2tのホイストクレーンがあるため、しっかりした骨組みでがっちりした印象です。敷地隙間なく建ているところもその印象を強めていると思います。 商業地域のような立地には見えないので、敷地いっぱいの建物立ち…

前沢の曲がり家集落

南会津の前沢、曲家集落は亀山の関と同様に重要伝統的建造群物保存地区となっています。この集落は街道沿いに民家が並ぶ形態ではなく、主要道から引き込んだところに集落があります。集落に入るには結構深い谷を跨ぐ橋を渡って入ります。外来者は橋の手前の…

サイン検討

武者小路実篤記念館のサイン打ち合わせに伺いました。 実篤先生の自宅を含めた施設となっているので、住宅地の中にあります。もとは崖線の緑と田んぼの境目にあったようですが、今はまわりは普通の住宅に囲まれています。 駅から迷わずに来られるよう案内サ…

増築完成

5年前に作らせていただいた学童保育所を増築しました。 少子化の世の中で、増築は予想外でした。当初は別棟で建てられないかとのご相談でしたが限られた敷地で効率よく使える部屋をつくるには、既存(といってもプレハブの転用建物だった)を壊して2階建てを…

40年前の保養施設

1981年竣工の青少年研修施設、名栗げんきプラザ。設計は坂倉建築研究所です。名栗村の青少年山間研修の施設でプラネタリウムのある建物とその周辺にキャンプサイトがあります。 このころ各地の自治体の依頼で林間学校といわれる施設を数か所作っていました。…

www.hattake.co.jp