八武組 設計ブログ

ハッタケグミ:三重県四日市市の建設会社 設計メモです

来迎寺 見学

 

f:id:hatt88:20140127113759j:plain

山本想太郎さん設計の寺社+住宅を見学しました。

築300年を超えるお寺の建て直しです。これから400年存続する建物をということで木造を選択しています。木造であれば部分的な補修を続けることで、ほかの構造より持続の可能性は高いですね。木を直に見せることもあり、材料にも費用が掛かっていることもあって一般の木造住宅の3倍くらいのコストになっているようです。使用期間からすると見合うともいえます。綺麗な木が見せる内装はまさに本物のみで構成されており、居心地もよいです。

f:id:hatt88:20140127113829j:plain

「平成時代の和様寺院」を目指したとのことで、伝統の木組みを尊重しつつ、明るい室内を作っています。断熱性も確保し、目立たないように空調設備も配されているので寒いことはありません。

f:id:hatt88:20140127113949j:plain

配される襖絵は、版画家の井出創太郎氏によるもので、自然の植物をつかった作品で建物に相応しい長期の鑑賞に堪えるベストな組み合わせと感じました。

初期費用が大きく掛かってしまうのが大きな障壁ですが、良いものを長く使うことが、少しでも伝わる良い事例になればと願います。

広告を非表示にする
www.hattake.co.jp