八武組 設計ブログ

ハッタケグミ:三重県四日市市の建設会社 設計メモです

古い建物

沖縄の建物

社員慰安旅行で沖縄に。沖縄の伝統的住宅の特徴を備えた中村家住宅(北中城村)。 昭和31年に琉球政府から、昭和47年に国の重要文化財に指定されています。この地域の庄屋を務める家ですが、本土の豪商・豪農の家に比べるとこじんまりした感じです。規模は小…

旧朝日町役場 耐震補強工事

三重郡朝日町にある旧朝日町役場(現朝日町資料館)の耐震補強工事現場説明会に行ってきました。大正5年(1916年)に建てられた木造2階建て延べ床面積234.1m2の建物です。1階は事務関係諸室、2階に議事堂を設けた地方役所建物の特徴をよく留めているとし…

愛知県緑化センター

愛知県豊田市の昭和の森の中の展示・集会施設。設計は先日行った「みんなのハワイアン」と同じ瀧光夫さん、得意分野の植物関連施設で1975年竣工、当時BCB賞(建設業連合会)、2004年には建築家協会の25年賞を受賞した正統な建物です。 建物は自然の丘に埋…

西伊豆の建築

伊豆大仁にある集客施設 みんなのハワイアンを見てきました。設計は瀧光夫さんで1997年竣工です。瀧さんは植物園建築の第一人者だと思います。茨城県水戸市にある公園施設を以前見学したことがあります。土のレベルまで下げたガラス開口と植栽との関係がとて…

永富家 

兵庫県たつの市にある国の重要文化財に指定(昭和39年指定)されている民家。1822年に建てられたそうです。主屋だけでなく門や蔵など付属建物もよく保存されています。 現在、永富家に関係する企業の所有・管理で非常に良い状態にあります。建物だけでなく建…

旧黒澤家住宅

群馬県上野村の旧黒澤家住宅。桁間21.8m 梁間15.9m ほぼ総2階建て・切妻造り。 19世紀半ばの建築、形態としては養蚕農家ですが、座敷・玄関(むら玄関・式台)など山中領の大総代の住宅としての特色があります。 むら玄関と勝手口 式台。右側には来客着替…

輪中生活館(旧名和邸)と大垣

岐阜県大垣市にある輪中生活館(旧名和邸)。当地域の歴知的地理特徴の輪中地区の代表的な住居形式を復元した住宅です。木曽三川の下流部に見られる水害対応の水屋をもった古民家を以前から見てみたいと思っていました。 旧名和邸は、母家・土蔵式水屋・住居…

金沢の建物

社員旅行で金沢に。谷口吉生さん設計の「鈴木大拙館」見てきました。 谷口さんらしい、きちんとした建物で厳しい施工精度で作られています。施工は清水建設と豊蔵組です。 地元出身の仏教学者 鈴木大拙の精神とされる「静か」「自由」の具現化を図ったとされ…

伊賀市庁舎

ドコモモ*の第1回定例会の一端として、伊賀市庁舎の見学会・ドコモモ選定プレート授与、シンポジウム「モダニズム建築を使い続ける」が行われました。 何度か上野市庁舎を見に行きましたが、休日ばかりだったので今回初めての内部見学となりました。 土地の…

本居宣長記念館と旧邸

三重県史上、最も功績の高い人物であろう本居宣長の記念館。松阪城址のなかに1970年に建てられた日本で最初の文学館です。 存在は知っていましたが機会が作れなかったのですが、記念館吉田館長に、記念館改装のため6月末で休館となると伺ったので、機を逃さ…

諸戸徳成邸 特別公開

六華苑、諸戸氏庭園で知られる桑名市の諸戸家の2代目清六氏が永く住まわれていた邸宅です。桑名駅の西側の丘の上に大正末期から昭和初期に作られました。9つの棟からなっているとようです。今は住み手がなく、きちんとしたメンテナンスが維持されていない状…

乙卯研究所

坂倉準三建築研究所設計の乙卯研究所(いつうけんきゅうじょ)1966竣工の見学会に行ってきました。(担当 吉村健治・宮崎慶二・栄久庵尚美) 今、人気急上昇の二子玉川にあります。以前から変な建物だと気になっていたのですが、準三さんの設計と知り驚きで…

八ヶ岳の建物

以前通りかかった時に、気になっていた建物が完成したようです。 八ヶ岳のすそ野を通る広域農道沿いの蔵です。 建物をみていたら、オーナーらしき年配の女性が、築100年以上の蔵をようやく復元し、今は主にギャラリーとして使っていて、今夕はミニコンサート…

東信州の建物

長野県上田市 上田市交流文化芸術センター+上田市立美術館 サントミューゼ 設計:柳澤孝彦 2015 上田市は駅をはさんでイオンとイトーヨーカドーのショッピングセンターが立地して駅前のにぎわいが保たれていると聞き、一度行ってみたいところでした。一般的…

G7 ホテル

G7外相会合の会議の様子を伝えるニュースで、会場となっているグランドプリンスホテル広島が放映されていました。広島市街の南端に突き出た半島の先端に立地していて、中心地から車で15分ですが、市街地とは別世界の風光明媚なところです。ホテルの設計は池…

稲沢市庁舎

稲沢市市街化調整区域内での住宅に建設のために、稲沢市役所へ許可申請のヒアリングに行ってきました。 市庁舎について何の予備知識もなかったのですが、かなりの気合の入った建物です。 1970年、満野久(ゲンプラン)さんの設計だそうです。大きな屋根の下…

伊賀市 再訪

保存・転用利用の方向で落ち着いたと思われた旧上野市庁舎が、取壊しとなりそうなことに。市の賑わい創出検討協議会の市庁舎跡地利用に案では取壊しが主案、転用利用が副案としてまとめられたそうです。地元建築家を中心とした人たちの保存要望の署名が市長…

伊賀市役所

20世紀の価値ある建築物を保存する活動Docomomoにも選定されている伊賀市役所(旧上野市役所)庁舎(1964年坂倉準三設計)が用途変更して再利用か、取壊しかで論争が続いています。 市役所の再利用を表明し当選した市長と取り壊して新しい建物を要望…

村野藤吾模型展

目黒区美術館の「村野藤吾の建築」模型が語る豊饒な世界 に行ってきました。 京都工繊大の学生さんたちがつくった計画案を含む80点の模型を主体とした展覧会です。 模型を作った学生さんにとっては、貴重な村野先生の図面を立体にしていけるよう読み解くとい…

みえ木造塾

みえ木造塾第1回に参加しました。 木造の研究のために三重県の建築家がはじめられた有志勉強会です。建築家だけでなく、関連業種の方や学生さんなど、木造に興味のある方々が集まっています。 今年度第一回となる講義は、東京大学名誉教授の内田祥哉先生が講…

新潟の民家

新潟県魚沼市にある国の重要文化財指定の2件の古民家。 旧佐藤家。江戸時代1738年、中門造り初期の住宅。 桁行7.5間、梁間4間で1/3が土間、1/3板の間、1/3座敷の小さ目の家ですが、 天井が張ってあるようなとこから、庄屋格の住宅とされています。 積雪4…

武者小路実篤 旧邸

調布市武者小路実篤記念館に、展示ケースの修繕確認に行ってきました。 特注ステンレス丁番と強化ガラスのみで構成する大きなケースで大変ですが、うまく修繕されていました。 前回写真での紹介がなかった実篤先生の旧宅。昭和36年この地に新築され55年ほど…

羽島市庁舎

岐阜県の羽島市庁舎の見学に行きました。この建物は、前に所属していた坂倉建築研究所の設計で、日本建築学会賞(日本建築学で最も評価の高い建築賞)を受賞しました。 在籍時、当時設計を担当した阪田所長から、設計時の坂倉準三先生とのやり取りをいろいろ…

浅間~志賀

軽井沢の所用のついでに、浅間山麓の鬼押出し園岩窟ホールに寄ってきました。 岩窟ホールは1970年 池原義郎先生の初期の作品です。浅間山の噴火に伴う溶岩でできた特殊な地形である鬼押出し園のビジターセンターを含む売店・レストラン・休憩施設からなる建…

足尾銅山

廃墟、とくに産業施設は、特異な形態の建物群になって、設計者なら誰しも魅かれるものだと思います。足尾銅山は昭和48年に閉山、今は観光施設となっていて、本物の坑道を使って当時の銅鉱が学べます。 銅山以上に隣接する住宅群が興味深いです。鉱山のために…

房総の建物2

大多喜村役場 設計:今井兼次先生 1959年竣工の庁舎建築。大学1年生のころ製図の授業で図面トレースした思い出深い建物です。それ以来何度か訪れています。個性的なスタイルを主張することも変わった建築形態を試みるわけでもなく、清々しく気持ちの良い空間…

韮山の江川家

静岡県韮山市の江川家に行ってきました。 江川家は1000年の歴史をもつ名家で、江戸時代にパンを作ったとか、東京湾のお台場の造営、韮山の反射炉をつくったなど、先進的な功績を成しています。 建物も築400年以上です。 歴史ドラマのロケでも使用され、篤姫…

旧イタリア大使別荘

日光中禅寺湖畔にある旧イタリア大使別荘です。設計はレーモンド。 木々に囲まれ、湖に向かって建つ様子は、とても素敵でした。 内外装とも、樹皮が貼られているのが特徴です。レーモンドの内装はベニヤ板張が多いと思いますが、樹皮張は同じ木を使った内装…

沼田の民家

栃木県沼田市の民家です。 平側は全面開口の形式で南側2階にはバルコニーがついています。別棟・納屋も同様の形式でそれらをつなぐ橋が架かっています。直接地上に降りる階段もあり、庭を囲んだ空中回廊を行き来するのが楽しそうです。集落内の住戸はほとん…

www.hattake.co.jp